MENU

採用情報

FAQ




会社について


Q. 新日鉄住金エンジニアリングは何をしている会社ですか?

エンジニアリングを通じ、世界の社会・産業・都市インフラを支えています。
主な事業領域は製鉄プラント、環境、エネルギー、海洋、建築・鋼構造、新技術・新事業の領域です。

Q. 新日鉄住金エンジニアリングの戦略って具体的にどんなものですか?

2016年度、分社10年を経て2020年に向け、目指す会社像(VISION)を掲げました。

1.エンジニアリングソリューションプロバイダー EPC×Solution
  EPC事業とO&M等のソリューション事業の2本柱で収益力の安定と成長を目指す。
2.「グローバル×ローカル」企業 Global×Local
  各地域に根ざし、お客様から信頼されるグローバル企業になる。
3.機動力のある複合事業体 External×Internal Networking
  外部環境の変化に機動的にリソース展開し、より強靭かつしなやかな複合事業体になる。

Q. 競合にはどんな会社がありますか?

展開する事業分野あるいは商品によって大きく異なります。
展開する事業領域や商品によって大きく異なるため、一概には言えません。

Q. 環境問題に対して何か取り組みをしていますか?

私たちは「資源循環型社会の構築」を掲げ、環境・省エネルギー分野のリーディングカンパニーとしての地位を確立してきました。世界トップレベルの技術・実績を誇る廃棄物溶融施設の建設・運営や、製鉄プラントにおける高度環境対策、あるいは温暖化対策に寄与する高効率エネルギー化など、当社の最先端の技術が国内・海外に拡がり利用されています。地球規模での環境保全に貢献することは当社の重要な使命の一つと考えています。

Q. 事務系と技術系の社員の比率を教えてください。

事務系社員:1に対して技術系社員:3となります。


仕事について


Q. 技術の知識がありませんが、文系でも仕事はできますか?

多くの文系社員が新規事業開発、営業、調達、アドミ、あるいは財務、法務・契約、他スタッフ部門でプロジェクトや事業に関わりながらやりがいを持って活躍しています。
技術については、入社後のOJTやOFF-JTを通じて基本的な商品技術を学んでいくことが必要となります。技術に興味を持って分からないことは周囲に積極的に聞くなど、好奇心が旺盛な程、その吸収量は増えますので、自主的な取組みが大切です。入社後にこのような経験を積むことで、幅広い知識を身につけることが可能です。

Q. 理系でも営業の仕事はできますか?

営業とは顧客のニーズを踏まえて最適な提案を行っていくことです。営業としてあるいは設計などの多分門であっても、プロジェクトの受注を目指し、会社の代表として顧客と接する機会は大変多く有ります。プロジェクトの実行中も他部門や社内外の関係者と協力しながら業務を進めることになりますので、人と接するのが好きな方には向いてると思います。

Q. 若手でも責任のある仕事を任せてもらえますか?

若いうちからチームの一員として国内・海外のプロジェクトで自分自身だけの役割・責任が与えられます。また、プロジェクトを経るたびに、さらにチャレンジングなものとなっていきます。「若いうちから仕事を任せてもらえる」という声も大変多く、やりがいのある大きな仕事に取り組めると思います。

Q. 海外で働く機会はどれくらいありますか?

若いうちからチームの一員として国内・海外のプロジェクトで自分自身だけの役割・責任が与えられます。また、プロジェクトを経るたびに、さらにチャレンジングなものとなっていきます。「若いうちから仕事を任せてもらえる」という声も大変多く、やりがいのある大きな仕事に取り組めると思います。

Q. 配属はどのように決まりますか、希望は聞いてもらえますか?

配属は、本人の適性と希望、各部門から申請される配属希望などを総合的に考慮して決定されます。主な初任配属先は本社(東京)、北九州技術センター、第二研究所(北九州市)、第一研究所(千葉県富津市)が中心となります。海外プロジェクトが多いため、若いうちから海外に派遣される社員もいます。

Q. 男女関係無く、活躍できますか?

配置や育成において性別の区分はありません。例えば海外勤務についてもこれまで多くの女性社員が駐在、出張の経験を積んでいます。一方で、女性のライフステージをサポートする制度は積極的に整備しています。


入社後について


Q. 休暇はきちんととれますか? 残業は多いですか?

プロジェクトの状況に応じて忙しいときは休日出勤や残業もありますが、全社方針としてワークライフバランスの充実を目標に掲げ、業務の効率化の推進や年休取得奨励など、各職場で様々な取り組みを行っています。

Q. 新入社員教育について教えてください

入社後の約1ケ月間、全体研修を行います。ここでは事業全般についてのガイダンスを経て、法務・財務の基礎やプロジェクトマネジメント、英会話集中研修(外国人講師のもとで1週間の日本語禁止生活)など、当社社員としての基礎的な知識、能力を獲得するための集合研修を行います。各職場への配属後は、それぞれの部門のOJT、OFF-JTが実施されます。

Q. 結婚、出産後も働きたいと思っていますが、育児休業制度を利用することはできますか?

できます。実際に子育てをしながら活躍している女性社員もいます。詳しくはダイバーシティの欄をご参照下さい。

Q. 採用後はずっと同じ部署・職種になるのですか?

入社後の10年間を基礎力養成期間と位置付け、複数の部署・職種を経験出来るようにキャリアモデルを設定しています。また、異動については毎年2回、自分の業績を振り返るとともに今後のキャリアを上司と対話する機会を設けており、その結果は人事部門に提出され、配置・育成に反映されます。
また、社内公募制度など、社員個々の特性に合った適正な配置を後押しする仕組みも設けられています。

Q. 職場の雰囲気はどんな感じですか?

新入社員からは、「風通しが良い、魅力的な人が多い、人を大切にする、挑戦できる」などの声が多く上がっています。ですが、やはり言葉だけではなかなか伝わらないことだと思います。実際にセミナーや説明会で当社の社員に会って、その雰囲気を感じて頂くことをお勧めします。


採用について


Q. どんな人材を必要としていますか?

「人事メッセージ、求める人材像」の欄をご参照ください。

Q. グローバルスタッフとエキスパートスタッフとの併願はできますか?

できます。エントリー時に希望コースを選ぶことが出来ますので、その際に「両方(併願)」を選んで下さい。

Q. 理系からの文系就職はできますか?

できます。エントリー時に希望コースを選ぶことが出来ますので、その際に「文系就職」を選んで下さい。

Q. 勤務地別の採用はしていますか?

グローバルスタッフについてはしていません。
エキスパートスタッフについては本社(東京都)と北九州技術センター(福岡県)に分かれて採用を行っています。

Q. 面接は何回ありますか?また、どんなことを聞かれますか?

グローバルスタッフ(文系、理系-専攻別)、エキスパートスタッフごとに選考ステップは異なりますので一概にはお伝えできませんが、面接では当社が求める人物像との一致度や志望動機の確認を行っています。

Q. OB・OG訪問はしたほうが良いのでしょうか?

OB・OG訪問は選考には関係ありません。まずはエントリーをして下さい。エントリーされた方には当社が開催する自社セミナーをご案内します。(席に限りがありますのでお早めにエントリー・予約をして下さい)。セミナーでは当社社員と話をする場が有りますので、そちらに是非ともご参加ください。

Q. 英語はできないとだめですか?

英語力を選考基準にはしていませんが、今後海外との関わりが確実に増えていく中では習得が必要です。会社としても新人研修での英語研修やOFF-JTでの通信教育などでどの取り組みをサポートしています。

Q. 採用数は何名ですか?

毎年30名~35名前後です。
2017年度実績は30名(事務系6名、技術系21名、エキスパートスタッフ3名)です。

Q. 外国人の採用は有りますか?

積極的に採用しています。