MENU

外国籍社員 座談会(技術系)

外国籍社員 座談会(技術系) 外国籍社員 座談会(技術系)

北九州技術センターで働く技術職に携わる外国籍社員のお二人と人事部の松下さんに、就職活動で経験したことや現在の仕事、未来のことについて伺いました。若手からさまざまな仕事に携われる環境、エンジニアリング業界で働く3 名の想いが見えてきました。



image

Theme 01:
来日について

日本の大学に来ようと思ったきっかけと、来日時の日本語レベルを教えてください。

海外での経験が欲しいと思い日本の大学院への進学を決めました。日本を選んだのは、中国の大学で専攻していた半導体に関する日本の技術力と、アニメなどの日本文化に興味があったからです。来日する前は、大学で少し日本語の授業を受けた程度で、来日した時は日本語をほとんど話せませんでした。大学院に入ってから自然と日本語を覚えていきました。

わたしは両親が日本に住んでいたため、高校卒業後に来日しました。一般の留学生とは少し来日した理由が異なります。わたしも来日当時は全く日本語を話せなかったです。一年半日本語学校に通い、大学・大学院へと進学しました。



Theme 02:
就職活動について

就職活動はどのように進めましたか。

私は日本人と全く同じ就職活動をしました。就活サイトへ登録し、インターンシップへの参加・SPI の受験・面接など一通りです。日本の企業で働くという目標がありましたから、日本人と同じように努力をしました。大変でしたがとても良い経験です。

今の会社を知ったきっかけや、入社を決めた理由を教えてください。

現役社員が母校へ会社説明に来た際に、当社のことを知りました。その方は研究室OB の方で、会社や業務内容について詳しく説明してくれました。国内外の産業を支えている製鉄プラント事業と、環境問題に対して多様なソリューションを提供している環境ソリューション事業部点に惹かれ、入社を決めました。

当社は現役社員が母校を訪問し、会社説明や自らの業務内容、経験を語る機会を設けています。

私は大学の留学生向け求人を見て当社のことを知りました。説明会に参加した際、人事部に元技術系の方がいて、エンジニアリング業界の仕事について実体験を交えて伺うことができました。明確に働くイメージができたこともあり、入社しました。

当社は定期的にジョブローテーションを行っています。社員各々がさまざまな部署を経験しているため、具体的な業務や経験を話すことができます。

外国籍の方が日本で働くために、配慮してほしいことはありますか。

日本人と留学生が同じ内容で選考されること自体は、問題ないと思います。ただ、留学生にはその国で生まれ育った強みがあります。考え方やルールなど何もかもを日本流にして「個性」が埋もれてしまうのは少しもったいない気がします。海外進出する国によっては、日本人社員より情報収集がしやすく、現場で柔軟に対応できることがあります。企業も留学生の特性を活かした仕事ができる環境を整える必要があるのではないかと思います。



 IMG



Theme 03:
仕事内容について



 IMG

現在、製鉄プラントや発電プラントなどから収集される流量や電力使用量などの膨大な操業データを用いてビックデータ解析を行っています。AI 技術を利用したビックデータ解析で、膨大な情報の中で人間より速く、効率的に答えを導くことを目指しています。大変な仕事ですが、この技術があれば、人間がビックデータを解析する時間や労力を省くことができ、設備トラブルなどの重要な問題により速く的確に対応することが可能になります。解析するデータの中には、廃棄物発電プラントもあるのですが、過去にはその設備の電気設計と現場での試運転業務にも関わっていました。試運転では、様々な問題が発生しますが、それらの問題を対処した経験は今後の糧になり、何より自身が成長する機会だと思って取り組んでいます。



 IMG

私の業務は、製鉄プラント事業部の受注前業務です。見積・設備提案・基本設計など、技術営業から設計まで幅広く担当しています。今まではプロセス設計やプロジェクトマネージャーを経験しており、過去に製鉄プラント事業部のプロジェクトマネージャーとして関わった最新鋭のコークス乾式消化設備の立ち上げを無事に成功させたときは、本当に達成感がありました。現在、私が担当している商品は、排ガス中の硫黄酸化物や窒素酸化物を除去する乾式脱硫脱硝設備というもので、昨年住友重機械工業より事業譲受しました。実は譲受前に行った中国での市場調査等にも参画しており、若手から技術譲受案件に参画できる環境は珍しいと感じています。今後はこの設備を中国などの海外へ展開をしていく予定です。そのため1 年間の約半分は海外、特に中国に出張をしています。学生時代は日本と母国を行き来して仕事をすることに憧れましたが、実際は想像以上に大変です。でも、直接客先と交渉を行い、契約締結まで関われることにやりがいを感じています。また、今回のプロジェクトチームは比較的若手社員が多いのが特徴です。若手同士で意見を交わし、共に仕事をすることは、良い刺激になっています。


※住友重機械工業株式会社からの乾式脱硫脱硝設備事業譲受について
https://www.eng.nssmc.com/news/2017/20171115.html



Theme 04:
将来について

将来の夢やキャリアプランはありますか。

技術者として後世に残る仕事をすること、そして海外への挑戦です。
現在の仕事もとても面白いです。まずは今の仕事でしっかり結果を残し、自身の技術を世界に提供していきたいです。そして、職種は異なりますが海外事業の立ち上げにも挑戦したいと思っています。以前担当していた国内で実績のある廃棄物発電プラントを東南アジアへ市場を展開したいと考えています。

この国で初めて〈市場〉をつくったと言われるビジネスを手掛けたい。
今は出張で海外を往復していますが、ゆくゆくは海外に駐在して、市場を拡大していきたいと思っています。そして、これからも変わらず前線で働き、お客様と直接関わっていきたいです。

海外勤務を希望する話が出ましたが、当社では本人の希望するキャリアステップの実現のため様々な制度を設けています。複数の部署を経験できるジョブローテーション、年2回自分自身のキャリアプランを話し合える上司部下対話、また、社内公募制度もあり、公募の中から希望の部署に応募して異動することも可能です。すべて希望通りになるとは限りませんが、この制度を通じて社員ひとりひとりの自律的なキャリア形成の促進とチャレンジ精神の醸成を狙うとともにプロフェッショナル化を推進しています。