MENU

ニュースリリース

2018年6月6日
新日鉄住金エンジニアリング株式会社

【取得】耐震・制振補強工法「NSビルプラス®G」 が 評価機関より構造性能評価を取得

新日鉄住金エンジニアリング株式会社(代表取締役社長:藤原 真一、本社:東京都品川区、以下「当社」)は、2018年3月22日付で「NS STEEL PANEL」(パネルダンパー)を使用した耐震・制振補強工法「NSビルプラス®」※(以下「本工法」)について、評価機関の日本ERI株式会社より構造性能評価を取得しましたので、お知らせいたします。今回の構造性能評価取得により、設計方法が標準化された事で、構造設計者の方々には、より一層ご利用し易くなりました。

※NSビルプラス®Gは、新日鉄住金エンジニアリング㈱の登録商標です。

 

本工法は、マンションおよび病院・公共施設等の建物に最適な耐震・制振外側補強工法で、補強フレーム、接合フレーム、水平・鉛直トラスの3層で構成され、すべて鉄骨部材のみのシンプルな構造です。

 

本工法の補強フレームには、当社で開発・商品化した間柱型パネルダンパー「NS STEEL PANEL」が組み込まれております。

 
本工法の特長は、下記3点となります。
 
    ①外付工法により、建物の内部工事が不要な為、「居ながら・住みながら」補強工事を行う事が可能。
 
    ②窓やバルコニーを遮らない「間柱型」構造を採用し、補強工事後も工事前と同様の採光・眺望が可能。
 
    ③必要な階のみ部分的な補強が可能。
 

本工法は、北九州市の共同住宅を中心に、これまで6件の実績を積み重ねており、今後の耐震・制振補強需要に対し、本工法適用に向けた取り組みを、さらに邁進してまいります。

 

当社は、今後も鋼構造エンジニアリング力と鉄の知見を活かし、より安定した性能を保有した免震・制振デバイス装置を提供することで、安全・安心な、そして快適な社会の実現に貢献し続けてまいります。

部材構成.png

【NSビルプラス®Gの部材構成】

適用例.jpg

【NSビルプラスⓇGの適用例】

お問い合わせ先

  • CSR・広報部 広報室
    03-6665-2366

"NSビルプラス®G"に関するお問い合わせ先

一覧に戻る

go to TOP