MENU

ニュースリリース

2018年6月4日
日鉄住金パイプライン&エンジニアリング㈱

【水素ステーション】"TYPE2複合蓄圧器"の「しかおい水素ファームⓇ」への設置について

日鉄住金パイプライン&エンジニアリング株式会社(代表取締役社長:元内 利文、東京都品川区、以下「当社」)は、米国FIBA Technologies社(President:Jack Finn、米国マサチューセッツ州リトルトン、以下「FIBA」)製"TYPE2複合蓄圧器"を、商用水素ステーションで一般的に採用されている300Lクラスとしては日本で初めて、当社が共同事業者として参画している環境省実証事業設備「しかおい水素ファームⓇ」に設置いたしました。

 

FIBA製"TYPE2複合蓄圧器"は、日本国内では、従来採用されている"TYPE1蓄圧器""TYPE3複合蓄圧器"(以下「従来の蓄圧器」)より大変安価な蓄圧器であり、米国の水素ステーションでは一般的に採用されております。

 

当社は、水素ステーションの技術提携先※である米国エアープロダクツ社(CEO:Seifi Ghasemi、米国ペンシルバニア州アレンタウン、以下「エアプロ社」)の協力を得て、FIBA製"TYPE2複合蓄圧器"国内導入に必要な許認可を取得し「しかおい水素ファームⓇ」の水素ステーションへ設置いたしました。

 

FIBA製"TYPE2複合蓄圧器"は、米国等で多数の実績を有する安全性が確保された蓄圧器であり、軽量、安価、長寿命の特長を備えております。また、寸法と容積は"従来の蓄圧器"とほぼ同様であり、新設だけではなく、既設の蓄圧器への交換にも対応が可能です。

 

当社は、FIBA製"TYPE2複合蓄圧器"を採用する事で、水素ステーションの建設費とライフ・サイクル・コストの低減に寄与し、今後とも水素エネルギー社会の実現と普及に向けて貢献してまいります。

※当社とエアプロ社は、2017年9月に日本における水素ステーション建設事業において、包括的独占技術提携契約を締結しております。

【FIBA製"TYPE2複合蓄圧器"の概要】

型式フープラップ構造蓄圧器(TYPE2)
容積 343リットル
寸法・重量 直径0.4m×長さ4.4m
重量1,651㎏
設計圧力 103.4MPa(メガパスカル)
使用寿命 20年
適用基準 TYPE2 ASME Section VIII Division3準拠した蓄圧器で、
特定設備検査規則に基づき、事前評価および特認を取得
しかおい.jpg

「しかおい水素ファームⓇ」に設置した"TYPE2複合蓄圧器"

【別紙参考】

 

環境省実証事業設備「しかおい水素ファームⓇ」

 

「しかおい水素ファームⓇ」は、環境省/地域連携・低炭素技術実証事業「家畜ふん尿由来水素を活用した水素サプライチェーン実証事業(以下「実証事業」)の水素製造供給施設として、2017年1月24日に開所いたしました。

 

実証事業は、地域の再生可能エネルギーである家畜ふん尿に含まれるメタンを活用し、水素を精製、製造、貯蔵、輸送、供給、利用する一貫した水素エネルギーのサプライチェーンを実証するものです。当社は、実証事業の共同事業者として主に水素ステーションの設置と保守管理などを担っております。

 

「しかおい水素ファームⓇ」については、当社ニュースリリース(2017年1月24日)ご参照下さい。

 

【実証事業の概要】

  
(1) 事業概要
             
◆事業名称家畜ふん尿由来水素を活用した水素サプライチェーン実証事業
          (環境省:地域連携・低炭素水素技術実証事業)
◆事 業 者代表事業者  エア・ウォーター株式会社
共同事業者  鹿島建設株式会社
       日鉄住金パイプライン&エンジニアリング株式会社
       日本エアープロダクツ株式会社
◆事業期間平成27年度~平成31年度(最大5年間)
◆事業地域北海道河東郡鹿追町および帯広市
  
(2) 「しかおい水素ファームⓇ」の概要
   
◆所 在 地北海道河東郡鹿追町鹿追北4線5 鹿追町環境保全センター内
◆運 営 者エア・ウォーター株式会社
◆設備概要水素製造設備 能力:約70Nm3/h
           水素出荷設備 圧力:19.6MPaカードル充填
           水素ステーション 圧力:70MPa(燃料電池自動車用)
                    圧力:35MPa(燃料電池フォークリフト用)
外観.jpg

【しかおい水素ファームⓇ外観】

お問い合わせ先

  • 日鉄住金パイプライン&エンジニアリング 総務部
    090-4950-6765

一覧に戻る

go to TOP