MENU

ニュースリリース

2018年5月14日
新日鉄住金エンジニアリング株式会社

【受注】インド/JSW社ドルビー製鉄所向け移動式KR脱硫設備

新日鉄住金エンジニアリング株式会社(代表取締役社長:藤原 真一、本社:東京都品川区、以下「当社」)は、インド民営最大手製鉄会社であるJSWスチール社(以下「JSW社」)より、ドルビー製鉄所拡張計画※の一環として、移動式KR脱硫設備を受注いたしました。
現在インドでは高級鋼の需要が急速に拡大しており、脱硫設備は、溶銑の処理プロセスとして、高級鋼の安定的かつ効率的生産には必須の設備です。KR脱硫設備※※は当社が開発したもので、国内外に約20件の納入実績があります。インドで現在稼働中のKR脱硫設備3基のうち2基は、当社がJSW社のビジャナガール製鉄所に2016年に納入した移動式KR脱硫設備です。

 

当社の移動式KR脱硫設備には、以下のようなメリットがあります。

  
    ①:1基のKRが複数のステーションで脱硫処理できるため、固定式KRの複数台保有に比し、設備費が削減できる。
  
    ②:複数箇所で並行して脱硫・排滓作業ができるため、操業時間の短縮が可能となる。
  
    ③:移動式KR、固定式KRの使い分けにより、レイアウトの自由度が増し、顧客の要求やスペースの制約に合わせた柔軟な対応が可能。
 

上記に加え、当社の長年の経験・ノウハウや独自の設計手法により、振動等のトラブルが極めて少ないことがJSW社から高く評価され、ビジャナガール案件に続いての受注となりました。当社は、今後も特徴あるKR脱硫設備で、インドの高級鋼生産ニーズに的確に応えていく所存です。

 

※ドルビー製鉄所拡張計画   
当社が第2高炉(炉内容積:5,358立方メートル)を建設中。2019年の稼動開始に向け、急ピッチで工事を進めている。

 

※※KR脱硫設備    
耐火物製のインペラー(回転翼)を溶銑中に浸漬して回転させ、溶銑と脱硫剤を機械的に混合し脱硫反応を促進する設備。インペラーを高速回転させることで、効率的に脱硫反応を促進することができる。また、脱硫剤として高価なマグネシウムではなく、安価な石灰を使用して脱硫することが可能で、マグネシウムを用いる場合と比較し、操業コストを大幅に削減できる。(マグネシウム利用法より、約45%の操業コストを削減可能)


設備概要

  
JSW社 ドルビー製鉄所 KR脱硫設備
   
    処理能力  365トン/ヒート
   
    最大処理量 45ヒート/日

【KR脱硫処理(イメージ図)】.jpg

【KR脱硫処理(イメージ図)】

お問い合わせ先

  • CSR・広報部 広報室
    03-6665-2366

一覧に戻る

go to TOP