MENU

お知らせ

2017年12月14日
新日鉄住金エンジニアリング株式会社

(仮称)堺西BTS-A区画物流センター新築工事の着工について

新日鉄住金エンジニアリング株式会社(代表取締役社長:藤原 真一、本社:東京都品川区、以下「当社」)は、このたび大阪府堺市においてウェアハウス29合同会社(ラサール不動産投資顧問株式会社、株式会社NIPPO、および三菱UFJリース株式会社の3社共同事業会社)より受注した株式会社ロンコジャパンのBTS型物流施設「(仮称)堺西BTS-A区画物流センター(以下「本施設」)」の建設工事に着手いたしました。

本施設は、当社が開発した2階建て物流施設向け商品「NSスタンロジ™」を採用しており、鉄骨造地上2階建て、延床面積約20,000m2の物流施設で、竣工は2018年8月31日を予定しております。

「NSスタンロジ™」は、当社独自の構造設計ノウハウと当社システム建築商品「スタンパッケージR®」の標準化技術を組み合わせ、「躯体数量削減によるコスト低減」「耐震性能の向上」「工期短縮」を実現した2階建て物流施設向け商品です。

本施設は、当社製耐震・制振部材『アンボンドブレース®』を32本最適配置することで耐震性能を高めるとともにグリッド設計による最適スパンを提案し、従来工法より鋼重量を約20%削減いたしました。また標準化を徹底した「スタンパッケージR®」の効果により、約1ヶ月の工期短縮を実現いたします。

新日鉄住金グループの一員として鋼構造分野に大きな強みを持つ当社は、物流施設を得意領域の一つとして実績を重ねており、当該分野での受注実績は直近10年で約210万m2に上ります。引続き、鋼構造エンジニアリング力と鉄の知見を活かした商品・技術の提供を通じ、安心・安全な社会の実現に貢献してまいります。


完成予想図

お問い合わせ先

一覧に戻る

go to TOP