MENU

CSR

調達基本方針

新日鉄住金エンジニアリンググループは、お取引先との協働・連携を基礎として、以下の行動指針をお取引先の皆様と共有し、経済合理性を追求すると同時に社会的責任を果たしながら、調達活動を実施いたします。

  1. 商品・技術力の向上
    既存商品の更なる競争力向上、社会の諸課題解決に対応する新しい商品開発・技術革新に積極的に取り組みます。
  2. 法令・社会規範の遵守
    建設業法・下請法・独占禁止法など、事業を遂行する上で関連する全ての法規および社会規範を遵守します。
  3. 公平・公正・誠実な取引実施
    取引を希望されるお取引先には、公平に取引機会を設けます。お取引先決定は、厳正かつ公平な競争を通じて、公正・誠実に実施します。
  4. 環境への配慮
    当社グループを取巻く社会情勢や社会的要請に留意し、環境保全に充分配慮します。
  5. 安全の最優先
    安全の最優先を徹底します。

活動内容

サプライチェーンマネジメント

VE/CD(バリューエンジニアリング/コストダウン)提案における環境負荷軽減や工期短縮などのご提案も積極的に取り入れながら、サプライチェーン全体を通じたCSR活動を推進しています。
特に、法令遵守などの観点からは、以下のようなサプライチェーンにおける啓発活動に注力しています。

  • お取引先との契約約款に、建設業法、独禁法など関連法令遵守の他、反社会的勢力との関係遮断、公害防止といった、契約当事者が果たすべき義務を明確に記載しています。
  • お取引先との調達基本方針の共有、双方向コミュニケーションを目的として、隔年実施の取引先業態調査に合わせてCSRアンケートを行っています。アンケートには、人権侵害、社会保険加入状況といった近年の社会的要請の高まりを反映した項目も織り込み、注意喚起を図っています。
  • 2014年度より隔年で、主要お取引先向けの法令遵守説明会を開催しています。2016年度からは、より多くのお取引先に参加いただけるよう、会場・開催頻度を増やしています。

パートナーシップ強化

当社の事業遂行に、顕著な貢献をされたお取引先に感謝の意を表し、優良・重要取引先とのパートナーシップ強化を図ることを目的として、2014年度にサプライヤー表彰制度を創設しました。過去2年間における、各社の技術・品質・コスト・納期などの評価をもとに、貢献度の高いお取引先を隔年で表彰しています。

コミュニケーション活性化

お取引先とは、社会経済環境の認識や当社調達方針の共有を図るとともに、前述のCSRアンケートという形で、法令・社会規範上問題となる状況の有無や、関連法制度改正への対応状況、CSR活動などについてお聞きしています。また、各企業の事業継続上、重要度が増している事項についてお聞きすることで課題の共有化を図りつつ、当社の調達姿勢(公平・公正・誠実な取引を行っているか)に関するコメントもいただいています。
アンケート結果はお取引先にフィードバックするとともに、コメントについては個別にヒアリング・話し合いを行うなど、相互理解と良好な関係の維持・改善に努めています。

取引先CSRアンケート(隔年実施) 2013 2015 2017
調査対象取引先数(単位:社) 1,360 1,338 1,364
回答回収数(単位:社) 922 881 662
回収率 68% 66% 49%

go to TOP