MENU

事業紹介

直接溶融・資源化システム(シャフト炉式ガス化溶融炉)

直接溶融・資源化システム(シャフト炉式ガス化溶融炉) IMG

写真掲載:北九州市同意済

多様な廃棄物を最大限に資源化し、最終処分量を最小化します

多様な廃棄物を高温溶融(1,700~1,800℃)により安定・確実に処理するシステムです。廃棄物を無害で天然砂と同等の品質を持つ溶融物として資源化します。(※)溶融物資源化の詳細はこちら:エヌジェイ・エコサービス
排出物は少量の溶融飛灰のみであり、最終処分量が最少化されます。また、高効率発電等により、ごみのエネルギーを最大限に活用します。

実績例

シャフト炉式ガス化溶融炉で国内最大規模

シャフト炉式ガス化溶融炉で国内最大規模

客先名:
福岡県北九州市
稼働開始:
2007年4月
施設規模:
720トン/日(240トン/日・炉×3炉)
処理対象物:
一般廃棄物(不燃物を含む)
客先名:
愛知県名古屋市(鳴海クリーンシステム(株))
稼働開始:
2009年6月
施設規模:
530トン/日(265トン/日・炉×2炉)
処理対象物:
一般廃棄物(不燃物を含む)、焼却残渣
客先名:
埼玉県さいたま市((株)エコパークさいたま)
稼働開始:
2015年4月
施設規模:
380トン/日(190トン/日・炉×2炉)
処理対象物:
一般廃棄物(不燃残渣を含む)、焼却残渣、汚泥

ダウンロード

関連リンク

お問い合わせ

このページに表示されている情報に関するお問い合わせは、フォームよりご連絡下さい。

お問い合わせフォームへ

go to TOP