共通メニュー

ニュースリリース


平成23年10月6日
新日鉄エンジニアリング株式会社
 
 
 
釜石市災害廃棄物溶融処理委託業務受注について
 
 
 新日鉄エンジニアリング株式会社(代表取締役社長 高橋 誠)環境ソリューション事業部(事業部長 山田 良介)は、岩手県釜石市から災害廃棄物溶融処理委託業務を受注いたしました。本件は、震災で発生したがれき処理の一環として、同市栗林町の釜石市旧清掃工場を再稼働させ、市内の仮置き場等で破砕・選別された災害廃棄物を溶融処理するものです。

 同施設は、当社のシャフト炉式ガス化溶融炉1号機として昭和54年に稼働開始して以来、約31年間にわたって安定稼働により同市のごみ処理に貢献してきましたが、今年になって岩手沿岸南部広域環境組合により建設された同方式の新炉にバトンタッチしたところでした。旧施設は昨年12月に稼働を停止しましたが、本委託業務を完遂するための安全の確保と必要な機能の回復を図り、これまで全国で災害廃棄物を高温溶融により処理してきた経験を活かし、平成25年度末までに約6万トンの災害廃棄物の処理を見込んでいます。
 
 同市では、本年8月より災害廃棄物の適正な撤去、処理を目指した試行事業を実施されていますが、今後本格化する災害廃棄物処理全体を適正かつ円滑に進めるために、試行事業の処理進捗を参考にしつつ、関係各位との連携を十分に図ることによって、同市の復興が一日も早く成し遂げられるよう貢献していく所存です。
 
 
<業務概要>
1)業務名称  : 釜石市災害廃棄物溶融処理業務委託
2)委託者  : 岩手県釜石市(市長 野田武則)
3)委託期間  : 平成23年10月1日から平成24年3月31日まで
    (平成26年度3月31日まで継続的に実施を予定する業務のうち第1年度分)
4)履行場所  : 釜石市栗林町 旧釜石市清掃工場
5)施設概要  : 処理方式 シャフト炉式ガス化溶融炉
    施設規模 109 t/24h (54.5t/24h×2炉)
 
 
 
[お問い合わせ先]
総務部広報室 03-6665-2366
 
 
  
 
 


PDF  釜石市災害廃棄物溶融処理委託業務受注について 【121KB】

ページトップへ戻る