共通メニュー

CSR情報

次世代と共に

エンジニアリング事業の素晴らしさを次世代にも伝えたい。当社は、小学生に建設現場の見学・ものづくり体験してもらう「ドキドキこども現場見学会」の開催を始め、中高生の会社訪問受け入れや、大学生・高専生へのインターンシップ提供など、積極的に次世代育成に取り組んでいます。

小中学生対象の現場見学会

日鉄住金物流君津(株)独身寮建設現場/千葉県木更津市立畑沢中学校(2014年)

教育の現場で、学校の学びと社会の関連性を教える「キャリア教育」が重要視されており、当社の現場見学会もこの動きに呼応し、「建築という仕事の紹介」「現場見学」「若手社員による仕事紹介」の3部構成で実施しました。

 

日鉄住金物流君津(株)独身寮建設現場/千葉県木更津市立畑沢中学校(2014年)

岡部(株)本社社屋新築現場/墨田区立小梅小学校(2013年)

施主である岡部(株)様の本社新築現場を舞台に、最寄りの墨田区立小梅小学校を対象に、「出前授業」「体験企画」「現場見学」の3回シリーズの企画として実施しました。

岡部(株)本社社屋新築現場/墨田区立小梅小学校(2013年)

過去の記事はこちら

インターンシップを実施しています。

エンジニアリング事業の素晴らしさを次世代にも伝えたい。当社は、中学生や高校生の会社訪問・現場見学を積極的に受入れると共に、大学生に対してはインターンシップという形で、プロジェクトビジネスのしくみ・醍醐味や、設計・製作・施工・維持管理といったものづくりの原点を体験する機会を提供しています。

プロジェクトビジネスのしくみ・醍醐味、設計・製作・施工・維持管理といった
        ものづくりの原点を体験!

プロジェクトビジネスのしくみ・醍醐味、設計・製作・施工・維持管理といった
        ものづくりの原点を体験!

エンジニアリング会社とは何をしているのか、実際の職場での就業体験を通して、大学生のみなさんが少しでも理解を深めることを主旨とした2週間の「技術系インターンシップ」を、東京本社、北九州技術センター、富津技術開発研究所で実施しています。

注意事項や安全講話などのガイダンスの後、各テーマの職場に別れ、社員と席を並べてコーチャーの指導のもと、実習テーマに取組みます。オフィスにとどまらず、安全帽や作業着を着て製鉄所や施工現場などの関連する実際の現場の見学も行い、目で見て手で触って体験を深め、最終日には研修報告会を開催します。エンジニアリング業界の理解が深まっただけでなく、「自らのキャリア形成を考える良い機会になった」等の声も寄せられ、仕事に対する実感や興味がさらに高まる場となっています。

過去の記事はこちら

中高生の職場見学受け入れ

これまで以下の中学・高等学校の職場見学を受け入れて参りました。
引続き同様の取り組みを続けて参ります。

職場訪問受入れ実績(五十音順)
【中学校】
伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校
大分県立大分豊府中学校
神栖市立神栖第一中学校
品川区立品川学園中学校
津市立橋南中学
本巣市立真正中学校
立正中学校
【高校】
東京都立美原高校
長崎県立猶興館高校
新潟県立長岡高校
兵庫県立姫路東高校
和歌山県立新宮高校
【短期大学】
国際短期大学

©TABLE FOR TWO(TFT)を実施しています

未来を担う途上国の子ども達に、学校給食と笑顔を!

未来を担う途上国の子ども達に、学校給食と笑顔を!

世界の67億人の人口のうち、10億人が飢えに喘ぐ一方で、10億人が肥満など食に起因する生活習慣病に苦しんでいます。この深刻な食の不均衡を解消するため、2007年秋に日本でTFTが生まれました。
社員食堂で栄養バランスのとれた健康メニューを購入すると、一食につき20円がTFTを通じて開発途上国に寄付されます。20円というのは、開発途上国の学校給食1食分の金額です。
新日鉄エンジニアリングでは、2010年9月より本社と北九州技術センターの社員食堂で、このTFTを開始しました。
社員からの評判も上々で、食堂の営業開始数分で品切れとなる日も。
皆さんもこの機会に、日常の食生活を見直すと同時に、開発途上国の子どもたちに目を向けてみませんか?
http://www.tablefor2.org/

PARACUP2012への参加

当社グループでは、2012年から継続してチャリティーランニング大会「PARACUP」に参加しています。
※PARACUPは、世界の子どもたちを支援すること(+東日本大震災被災地支援)を目的に開催される
チャリティーランニング大会です。
▼PARACUP
http://www.paracup.info/

 

マラソン出場者

ページトップへ戻る