MENU

CSR

コンプライアンス基本方針

新日鉄住金エンジニアリンググループは、コンプライアンスの実践・徹底が、経営の根幹であるとの認識のもと、あらゆる場面において、不正を防止し、公正で透明性の高い事業活動を推進します。

  1. 事業活動の全ての面において、国内外の法令・社会規範を遵守するとともに、高い倫理観に基づき、誠実に判断し行動します。
  2. 全てのステークホルダーの期待・要請に応え社会的責任を全うすることにより、社会から信頼される企業を目指します。
  3. 教育・啓発活動を継続し、内部統制体制・環境を整備することにより、全社員のコンプライアンス意識の向上と健全な企業風土の確立・維持に努めます。

【コンプライアンス基本方針】役員・社員行動規範

新日鉄住金エンジニアリンググループの全役員・社員は、コンプライアンス基本方針を実現するため、特に以下の10の事項を遵守します。

  1. 人権の尊重
    人権を尊重し、差別やハラスメントを行わない。
  2. 透明で自由な競争と公正な取引の実践
    営業活動において、独占禁止法および関連法令が禁ずる私的独占、不当な取引制限および不公正な取引方法は一切行わない。
  3. 建設工事の適正な施工
    建設業法を遵守した契約、調達、技術者の配置、必要書類の整備等を行うことにより、建設工事の適正な施工を確保する。
  4. 安全保障貿易管理の徹底
    国際的な平和および安全の維持のため、安全保障貿易管理に関する法令・社内規程を遵守し、不正な輸出を行わない。
  5. 情報管理の徹底・知的財産権侵害の禁止
    会社の秘密情報は厳重に管理し、社外情報・第三者の知的財産権等の権利は適切に取り扱う。
  6. 贈賄・過剰接待の禁止
    贈賄(不正な目的をもった金銭その他の利益の供与・申し出・約束)をしない。接待・贈答等は、法令・社内規程に則して行い、社会通念上妥当な範囲を超えてこれを行わない。
  7. 株式等の不正取引の禁止
    インサイダー情報は公開されるまで秘密に保持し、インサイダー取引規制に違反する行為を行わない。
  8. 反社会的勢力との関係遮断
    反社会的勢力とは一切関係を持たず、毅然として対応し、利益供与等を行わない。
  9. 適正な会計処理・税務申告
    関連法令を遵守し、粉飾決算、仮装隠蔽は行わず、適正な経理処理・税務申告を行う。
  10. 会社の利益に反する行為の禁止
    誠実に会社の業務を遂行し、公私のけじめをつけ、会社の利益に反する行為はしない。

go to TOP