MENU

企業情報

沿革

新日鉄住金エンジニアリングは、1974年に新日鉄(現新日鉄住金)のエンジニアリング部門としてスタートしました。以降、40年以上に渡り、日本国内のみならず、中国、東南アジア、インド、ドイツ、ブラジルなどにも活動拠点を拡げ、鉄鋼業界、エネルギー業界、各国の政府・自治体、その他民間の様々なお客様のニーズに応え、グローバルに事業を展開しています。

1970年代

1970年 昭和45年八幡・富士合併 新日鉄製鉄(株)発足
1972年 昭和47年石油・ガス産業向鋼構造物の加工・組み立て拠点としてインドネシアにNISCONI社設立
1973年 昭和48年芦屋浜高層住宅受注
※日本初の、コンペによる巨大再開発プロジェクト
1973年 昭和48年阿賀沖海底石油採掘用プラットフォーム建設受注
※日本初の、沖合海洋鋼構造物の製作・据付工事
1974年 昭和49年エンジニアリング事業部発足
1974年 昭和49年武漢プロジェクト(中国)発足
※海外向け大規模製鉄プラントの起点プロジェクト
1976年 昭和51年CSN第三高炉(ブラジル)火入れ
※海外向け高炉建設プロジェクト起点プロジェクト
1977年 昭和52年釜石市、茨木市ごみ溶融炉受注
※廃棄物溶融プロセスを世界で初めて実用化
1978年 昭和53年上海宝山プロジェクト(中国)受注
※国家的超大型プロジェクト

1980年代

1980年 昭和55年~むつ小川原石油備蓄タンク、海底配管受注
※国家石油備蓄法に基づく国備タンク、大型海底配管
1981年 昭和56年

いわき沖プラットフォーム、加工・海底配管受注
※太平洋の外洋における大水深海底配管工事

1982年 昭和57年東電LNG受入配管初受注
※電力会社向け、LNG受入配管設備を初受注
1983年 昭和58年タンジュウバンLPG受入基地(インドネシア)受注
※プロパン/ブタン分離、製造、低温貯蔵、出荷設備を一括受注
1985年 昭和60年中国銀行香港支店鉄骨工事受注
※香港におけるランドマークタワー
1987年 昭和62年海洋構造物の加工拠点としてタイにTNS社設立
1987年 昭和62年幕張テクノガーデン受注
※幕張新都心建設起点プロジェクト企画段階より参画
1988年 昭和63年

東京湾横断道路 川崎人工島(ジャケット式護岸)受注
※人工島築造へのジャケットの本格的採用

1989年 平成元年I/N Kote CGL受注
※日系自動車メーカーの北米進出に対応した亜鉛メッキライン

1990年代

1990年 平成2年みなとみらい21ランドマークタワー鉄骨工事受注
※日本最大の高さを誇るオフィスビル
1991年 平成3年関西国際空港旅客ターミナルビル敵国工事(大屋根)受注
※複雑な三次元曲面の大スパン屋根、資材を国際調達
1991年 平成3年

イーストジャワガラスパイプライン(インドネシア)受注
※当社初の長距離海底配管(358km)

1991年 平成3年

明石海峡大橋ケーブル受注
※世界最長吊橋のケーブル工事

1994年 平成6年海洋作業船「くろしお」の保管整備および海洋構造物等の制作・加工拠点としてインドネシアにNS-BATAM社設立
1997年 平成9年明海IPP受注
※電力卸供給用の石炭焚ボイラータービン発電設備

2000年代

2000年 平成12年六本木六丁目特定電気事業・DHCプラント受注
※高い省エネ効果と環境保全を両立するオンサイトエネルギー供給設備
2001年 平成13年電力小売事業参入
2002年 平成14年サハリン1パイプライン(ロシア)受注
※サハリン開発における大型パイプライン工事
2003年 平成15年

中央合同庁舎第7号館整備等事業(PFI)受注
※市街地再開発、官民合築を含む、日本最大規模のPFI事業

2003年 平成15年

CDQを主商品とする営業拠点として中国に北京中日聯節能環保工程技術有限公司設立

2003年 平成15年鋼板処理施設等の販売・プラント部品等の調達拠点として中国に新日鉄設備行程(上海)有限公司設立
2004年 平成16年

東京国際空港D滑走路建設外工事受注
※羽田空港沖合に新たに建設するD滑走路の桟橋工事ジャケット制作工事

2005年 平成17年サウススマトラ・ウエストジャワ・ガスパイプライン(インドネシア)受注
2006年 平成18年エンジニアリング事業部門が独立し、新日鉄エンジニアリング(株)発足
2009年 平成21年本社地区事業拠点(本社ビル、相模原事務所、日鉄パイプライン本社)を大崎に集約・移転、技術開発研究所(相模原)を富津に移転
2009年 平成21年中国/重慶に現地法人 重慶新聯鋼鉄設備技術有限公司(CNSE) 設立

2010年代

2010年 平成22年日鉄ブリッジ株式会社、トピー鉄構株式会社の橋梁・鋼構造事業の統合 日鉄トピーブリッジ株式会社 発足
2010年 平成22年馬鞍山中日資源再生工程技術有限公司(MRET)設立
2010年 平成22年インド/コルカタに現地法人Nippon Steel Engineering India Plant & Machinery Pvt.Ltd.(NSEI) 設立
2011年 平成23年オーストリア/パースに現地法人Nippon Steel Engineering (Australia) Pvt.Ltd.設立
2011年 平成23年

北九州技術センター(戸畑)E館竣工

2011年 平成23年米国/カリフォルニア州サンマテオに現地法人Nippon Steel Engineering USA Inc. (NSEUSA) 設立
2012年 平成24年新日鉄住金エンジニアリング株式会社に社名変更
2012年 平成24年日鉄パイプライン株式会社と住友金属パイプエンジ株式会社を経営統合 日鉄住金パイプライン&エンジニアリング株式会社 発足
2012年 平成24年タイに現地法人 NS-OG ENERGY SOLUTIONS (THAILAND) LTD. (NSET) 設立
2013年 平成25年フィリピンに現地法人 Philippine NSE Design Services, Inc.(PNSED) 設立
2013年 平成25年フィリピンに現地法人 PNS CONSTRUCTION, INC.(PNS) 設立
2013年 平成25年中国/上海に現地法人 上海力岱結構工程技術有限公司(LDE) 設立
2014年 平成26年

ドイツに現地法人 Steinmuller Babcock Environment GmbH(SBENG)設立

2015年 平成27年鋼構造事業の再編 日鉄住金鋼構造株式会社 発足
2016年 平成28年Nippon Steel Engineering India Plant & Machinery Pvt.Ltd.(NSEI) を事業会社化

go to TOP